税の軽減を受けるための手続き

更新日:2022年04月12日

確定申告で控除を受ける

 上記の軽減を受けるためには、毎年1月1日から12月31日までに行った寄附について、翌年3月15日までに町および町条例に定める団体等からの領収証を添えて税務署に確定申告を行っていただく必要があります。(市区町村で住民税の申告のみした場合は、所得税の控除は受けられませんのでご注意ください。)

 (注意)寄附金の合計額が適用下限額(2,000円)以下の場合は、所得税、住民税から控除を受けることはできません。

ワンストップ特例制度を活用して控除を受ける

 「ワンストップ特例制度」は、寄附した団体に「申告特例申請書」を提出することで、確定申告なしで寄附金税額控除を受けられる仕組みです。
この制度を活用するためには、下記の条件すべてを満たす必要があります。

1.もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること

(注意)給与収入が2,000万円を超える方や、医療費控除のために確定申告が必要な場合は、確定申告を行ってください。

2.1年間の寄附先が5自治体以下であること

(注意)1つの自治体に複数寄附をしても1カウントとなります。

(注意)5自治体を超える場合は、確定申告を行ってください。

→ 「ワンストップ特例制度」を利用される方は、以下の書類を提出する必要があります。

これらの書類を、寄付翌年1月10日(必着)までに斜里町へ送付してください。

1.申告特例申請書

2.個人番号(マイナンバー)確認と本人確認ができる書類

(注意)下記を参考に、確認書類のコピーを同封してください。

個人番号カードをお持ちの方

【番号確認書類】 個人番号カードの裏面のコピー

【本人確認書類】 個人番号カードの表面のコピー

個人番号カードをお持ちでない方

【番号確認書類】 通知カード表面のコピーまたは個人番号が記載された住民票のコピー
※通知カードは現住所が記載されているものに限ります。

【本人確認書類】 運転免許証、運転履歴証明書、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書のいずれかのコピー
※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーしてください。住所の変更がある場合は裏面のコピーも添付してください。

ご注意ください

印刷が不鮮明で文字の読み取りができないものについては、不備があるものとして通知いたしますので、送付前に住所、氏名、生年月日、マイナンバーがすべて読み取れることを確認してください。

特例申請書送付先

〒099-4192 北海道斜里郡斜里町本町12番地

斜里町役場 総務部 企画総務課

ふるさと納税担当 行

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画総務課 企画係
〒099-4192
北海道斜里郡斜里町本町12番地
電話番号:0152-23-3131
ファックス番号:0152-23-4150

お問い合わせフォームはこちら