平成28年度町長ブログ

更新日:2021年10月01日

新しい年度が来て、4月も早や三分の一。春なのに、雪も・・・。

(2016年 4月 12日)

昨年と比べ、吹雪の回数が少なかった冬を経て、あっという間に新年度、平成28年度が始まって、今月もすでに三分の一が経過しました。雪も順調に溶け、畑は雪景色から土色にどんどん変わっていたところですが、なんと昨日の朝・晩は、雪模様。まだまだ油断ができません。

〇4月1日 病院長が替わりました。

1日から斜里町立国保病院は、長年お世話になった石村院長に替わって、副院長だった合地先生が新院長となりました。合地院長のもと新体制でのスタートです。

病院を守る、医師を守るのは、住民の皆さんです。健康であるのが一番ですが、病気になったらどうぞご利用ください。

 

〇4日から新年度が本格化、「入〇式」が続きます。

まずは、4日に通年の常設保育園2園が入園式、5日には、4地域のへき地保育所が入所式でした。また、6日には2小学校、1中学校、1義務教育学校の入学式でした。私は、朝日小学校の入学式に出席しましたが、校庭で風にたなびく鯉のぼりに負けないくらい、元気よく新入生が登校してきました。今年から朝日小には、統合で以久科・越川地区、朱円地区の子どもたちも、そして斜里小には、川上・中斜里地区の子どもたちも通うことになります。

また、ウトロの小・中学校は、新しく義務教育学校「知床ウトロ学校」に生まれ変わり、新たなスタートを切りました。

7日には、高齢者を対象とした生きがい大学の入学式、8日は、北海道斜里高等学校の入学式でした。6日から春の交通安全運動が始まりましたが、皆さん交通事故に気をつけて通い、元気に、楽しく学んでほしいと思います。

 

〇総会シーズンが、始まりました。

幕開けは、5日のJA斜里町、農協の総会です。昨年、過去最高の生産額を記録しました。今年もよい天候に恵まれ、豊作であることを祈っています。

9日は、商工会青年部の総会とあわせて創立50周年の記念式典が行われました。歴代26人の部長のもと、夏の風物詩でもある仮装盆踊りの開催、各種イベントでの出店など町民に楽しみを提供していただいてきました。また、ごみ拾いなど様々な活動で斜里町のまちづくりにご尽力をいただきました。心から感謝し、敬意を表します。今後も各産業界の若き力とつながって、さらなる活躍を祈っています。

11日は、農村後継者結婚対策推進協議会の総会でした。地方創生にとって、そして持続可能な農業にとっても担い手がつながっていくことが大切です。総会の直後、農業後継者ではありませんが、来月結婚祝賀会を予定しているカップルが、偶然挨拶に来られました。斜里の男性たちも、あとに続いてほしいものです。

 

〇知床の春もすぐそこに。知床雪壁ウォーク2016

昨年に比べ積雪量が少なく、知床峠の除雪も順調に進み、10日は、知床雪壁ウォーク2016が開催されました。道内を中心に221名の参加があり、その中には飛び入りでフランス人のご夫婦にも参加いただきました。

晴天に恵まれたものの、知床峠付近では風が強く、コースを変更して実施しましたが、皆さんには、知床の早春の息吹を感じていただけたのではないでしょうか。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画総務課 総務係
〒099-4192
北海道斜里郡斜里町本町12番地
電話番号:0152-23-3131
ファックス番号:0152-23-4150

お問い合わせフォームはこちら