トップ > ウトロ支所だより > ウトロ支所日記 > 2011年度 > 「斜里高校~知床自然体験学習~」

ウトロ支所日記

「斜里高校~知床自然体験学習~」

2011年06月28日

6月28日(火曜日)、今回3日間の自然体験学習では、100平方メートル運動地を歩きながら知床の自然とともに今もまだ残るサイロや工場の跡など開拓の歴史を実際に見て学習すること。また、森づくり作業として、防鹿柵内の広葉樹の実生(自然に生えてきた稚樹)の刈り出し作業を慣れない鎌を片手に体験しました。

今回の作業地の柵は、平成18年に設置したもので、この5年間、柵内にはシカが入っていないため、5年分の木と草がわらわらと生えています。もちろん自然なのでそのままにしておいてもよいのですが、草に埋もれた小さな木の周りの草を刈って、日が当たるようにしてやると、小さいうちの成長が格段に違ってくるそうです。

▲このページの先頭へ