トップ > ウトロ支所だより > ウトロ支所日記 > 2008年 > 「“木&木”(もくもく)コンサート」

ウトロ支所日記-2008年度-

「“木&木”(もくもく)コンサート」

2008年10月15日

10月15日(水曜日)、午前9時から9時45分までウトロ小中学校スクールコンサートとして“木&木”(もくもく)コンサートが行われました。リコーダー奏者の松浦さんとマリンバ奏者の小田さんが演奏する楽器の材質が同じ「木」ということでユニット名「木&木(もくもく)となったそうです。それに、パーカッション奏者の荻原さんが加わり、リコーダーと打楽器のアンサンブルで活動をしているそうです。コンサートは、「ドレミの歌」で始まり、大きなリコーダーと小さなリコーダーの音の特徴をいかした曲「エーデルワイス」、「口笛吹きと犬」などが演奏されました。打楽器の紹介では、いろいろな打楽器が活躍する「チキチキバンバン」に笑いも起こっていました。マリンバのマレット(ばち)の堅さで音質が変化する話もありました。“みんなでボディーパーカッション”では、「南の島のハメハメハ大王」にあわせて、手拍子や足拍子などで楽しく参加するプログラムもありました。
私は、マリンバ連弾でのアンサンブル「小さい秋みつけた」がよかったなあ~。

▲このページの先頭へ