トップ > ウトロ支所だより > ウトロ支所日記 > 2008年 > 「知床遺産センター(仮称)新築工事」着々

ウトロ支所日記-2008年度-

「知床遺産センター(仮称)新築工事」着々

2008年10月08日

10月8日(水曜日)、道の駅「うとろ・シリエトク」東側に建設中の知床遺産センター(仮称)の骨格が見えてきました。
このセンターは、知床自然遺産地域への入り口として、大勢の来訪者に知床の自然を守ってもらうべきルールやマナーについて、啓発を行う施設です。
また、知床世界遺産を管理するための拠点施設として、地域の人、研究者、学生等に知床自然遺産の管理について最新の情報を提供する施設です。
事故無く、施設が完成しますように。

▲このページの先頭へ