トップ > ウトロ支所だより > ウトロ支所日記 > 2008年 > 「ゆめコミュ(陶芸教室)茶会」

ウトロ支所日記-2008年度-

「ゆめコミュ(陶芸教室)茶会」

2008年08月23日

8月23日(土曜日)、陶芸教室参加者が自分の作品(茶碗)で茶会を体験しました。
この陶芸教室は、学校施設を使用して行うことから夏休み期間を利用して、7月31日から8月23日までの間、4回連続の教室として開催されました。地元の窯元の指導をいただき、成形作業・削り作業・色つけ作業を行いました。23日当日、窯が開かれるときの期待感は・・・妙な空気がありました。自分の作品のできあがりは、イメージ通りだったかな。
早速、完成した作品で茶道の体験です。正座をして、お菓子を食べ、ほとんどの人が初めての抹茶をいただきました。茶道の体験を通じて「なぜ、お茶をいただく前に茶碗を回すのか?」や「一期一会」など精神文化の一端に触れることができたでしょうか。
作品の茶碗は、今後どのように使われるのでしょうか?

▲このページの先頭へ