トップ > ウトロ支所だより > ウトロ支所日記 > 2008年 > 地元中学生によるヒグマよけ電気柵設置場所の除雪

ウトロ支所日記-2008年度-

地元中学生によるヒグマよけ電気柵設置場所の除雪

2008年04月15日

今日は、ウトロの地元中学生の活躍ぶりについて、ご紹介したいと思います。

先週の土曜日(12日)に地元の中学生たちがウトロ小中学校周辺のヒグマよけ電気柵設置のため知床財団職員の指導のもと、除雪作業を行いました。この電気柵は、ヒグマの出没があるウトロ地区で、児童・生徒の安全を図るためウトロ小中学校の周囲を電気柵で囲み、ヒグマの侵入を防ぐ対策として設置されているものです。しかし、雪に埋もれたままでは電気柵に通電させることができないため、ヒグマの活動が始まる今の時期に、例年除雪作業を行っています。

現在積もっている雪は、さらさらとした軽いものでなく、圧雪でずしっと重くなっているため除雪作業も大変な重労働となり、半袖姿になってがんばっている生徒もいました。場所によっては人がすっぽり埋まってしまうほど雪が積もっているところもあり、一苦労する場面もありました。

中学生の皆さん本当にお疲れ様でした。若い力に感謝です。

の背丈ぐらい積雪がある場所の除雪作業の様子

テキスト

ヒグマ侵入防止柵設置場所の除雪作業中の様子

テキスト

▲このページの先頭へ