トップ > 施設案内 > 教育・文化 > 舞台練習利用制度について

教育・文化

舞台練習利用制度について

 「舞台練習利用制度」とは、リハーサル以前にも本番と同じ舞台で練習していただくための制度です。
 他館で行う公演のための練習であっても利用することができます。
 公演予定日の3ヶ月前から申込みを受け付け、週1回の利用ができ、練習日の2週間前にホールに空き
があれば、週1回以上(週4回まで)使用できます。
 設備の使用は最低限とし、舞台の安全確保のため制限つきの利用とさせていただきます。

利用責任者 利用責任者は、利用時間中、館から離れないでください。
未成年の利用について 中高生の吹奏楽部のように未成年者が利用する場合は、責任者となる成人(学校関連の場合は担当教諭)が申込んでください。
設備使用について *練習利用時は、職員は舞台に付きません。
 設備の使用は最低限とし、はじめに利用方法を説明させていただきます。
*反響板、ピアノ、袖幕、平台を利用できます。
※平台の設置・撤去には職員が立ち合います。
*照明や音響、舞台機構の操作をすることはできません。
 音楽に合わせた踊り等の練習の場合は、ラジカセをご利用ください。
利用時間 1時間単位で申込みができます。
申込方法 申請書の提出が必要ですので、用紙をお送りいたします。
まず、電話で利用状況を確認してください。

■舞台練習利用申込書(PDF)

(吹奏楽の練習風景)

▲このページの先頭へ