トップ > 町政情報 > まちづくり > 地域づくり総合交付金(地域再生加速事業)について

まちづくり

地域づくり総合交付金(地域再生加速事業)について

地域づくり総合交付金(地域再生加速事業)とは

 地域が抱える様々な地域間格差の是正に向け、市町村あるいは相互に連携する複数市町村が、住民や民間団体等の多様な主体と協働して地域の再生に意欲的に取り組むプロジェクトを支援するための北海道の支援制度です。
 
 「北海道 地域づくり総合交付金のホームページ」

  斜里町の事業概要は、次のとおりです。

  • プロジェクト名
     「知床しゃりブランド創造による地域げんきプロジェクト」
  • 期 間
     平成21年度~平成25年度
  • 目 標
     世界自然遺産知床の町として、地域性を生かした新たな産業の創出、地場産品を生かした製品開発や付加価値化、さらには地域の優れた特産品に対し「知床しゃりブランド」として町内外に発信する事業やイベント等を展開する。これらの取組により、農水産業における生産者や加工業者、小売店や飲食店などの経営安定や所得の向上を図り、延いては一次から三次産業すべての分野において、相乗的な雇用の安定と創出を目指します。
  • 効 果
     地域の資源・資産を見直し、地域ブランドや新たな地場商品の創出など、地域の持つ力を最大限発揮することにより、経済の活性化、雇用の安定と創出を図ることを目的としているが、知床しゃりブランドをはじめとしたプロジェクトの実践により、町内関連企業はもとより地域全体に、食の安全・安心への取組と食育の推進が図られる。
  • 事業の概要
事業名 実施主体 H23事業費(千円) 事業概要
地場産業活性化チャレンジ事業
3,000
中小企業及び個人並びに団体、組合等が地場産業の活性化に資する事業及び地場産品の研究開発、販売促進や消費拡大につながる事業等に対し補助金を交付する。
知床しゃりブランド推進事業
団体、町
5,044
斜里町の農水産物並びにその加工品・調理品等の中で特に優れた商品を知床ブランド品として、情報発信することにより、知床及び斜里地域の知名度アップ、ブランド品のPRや販売促進を図る。
知床しゃり楽市・楽座事業
住民、団体
800
知床の特産品を地域住民や観光客にPRすることにより、地場産品の販売促進や地産地消の促進を図る。また、知床斜里の素晴らしさを再認識し、誰でも参加及び発信する場を提供することにより、地域コミュニティの創出を図る。

  • 平成23年度内示額
     3,000,000円

▲このページの先頭へ