トップ > まちの話題 > 2012年度 > 総合防災訓練を実施しました!

まちの話題

総合防災訓練を実施しました!

2012年08月26日

 8月26日(日曜日)、「平成24年度斜里町総合防災訓練」が斜里小学校グラウンドで開催されました。(主催・斜里町/共催・斜里地区消防組合消防署、斜里消防団)

この総合防災訓練は、斜里町地域防災計画に基づき防災関係機関と地域住民が協力して、すばやく、的確な災害対策が実施できるように、各種訓練を実施することで、防災体制の強化と防災意識の高揚を図ることを目的として、3年に一度行われているものです。

当日午前8時45分に、千島海溝沿いの根室沖を震源域とするマグニチュード8.2の巨大地震が発生し、町内で最大震度6弱の揺れが観測されたことで、各地で火災、家屋の倒壊、道路の損壊などの被害が確認され、電気、水道などライフラインに大きな打撃を受け、甚大な被害が出たことを想定した各種の訓練が行われました。
今年度は第1部として、全町民を対象とした、家や出先などで地震発生時の初期行動を実践する町民一斉防災訓練が実施されました。
また、はしご車搭乗体験、消火体験などの体験コーナーも設けられ、町民320人、関係者180人の合計500人が参加しました。

斜里小学校へ避難する様子

全道消防操法訓練大会で2位となった、斜里消防団による小型ポンプ操法が展示されました。

高所降下訓練

AEDを使った心肺蘇生法講習

天ぷら油火災消火体験

可搬ポンプで放水を体験

避難所運営訓練(簡易間仕切りパネルの設置の様子)

消防車による一斉放水

はしご車救助訓練

水消火器による消火体験

炊き出しでミネストローネとおにぎりが作られました。

参加された皆さんお疲れ様でした!

▲このページの先頭へ