トップ > まちの話題 > 2011年度 > ダイキン工業株式会社から「100平方メートル運動の森・トラスト」に寄付がありました。

まちの話題

ダイキン工業株式会社から「100平方メートル運動の森・トラスト」に寄付がありました。

2011年07月26日

ダイキン工業株式会社から寄付がありました ダイキン工業株式会社(本社:大阪)から、100平方メートル運動の森・トラストに対しての寄付がありました。

内容は、斜里町・羅臼町・公益財団法人知床財団に対して、今後5年間で総額1億1千万円を寄付するというもので、7月26日(火曜日)に、知床グランドホテル北こぶしで、同社CSR・地球環境センターの藤本悟室長、脇紀美夫羅臼町長、関根郁雄知床財団理事長、馬場隆斜里町長の四者による協定の締結式が行われました。

この寄付の背景には、昨年開催された知床毘沙門堂法要に、同社の井上礼之会長が出席された際、知床の自然に深く感動されたことと、知床三堂例大祭などを通じ、知床の魅力を世界に発信していただいている佐野博さんのご尽力があり、今回の支援となりました。

斜里町では100平方メートル運動の森・トラストへの寄付であることをふまえ、運動対象地内の岩尾別川の自然再生に関する事業に活用することにしており、5年間で3千100万円を支援していただくことになっています。
また、羅臼町はヒグマの保護管理活動に活用し、知床財団は、これらに関わる基礎調査・生物相の復元検討事業にあてることとしています。
ありがとうございました。

締結式の様子

左から馬場町長、藤本室長、脇町長、関根理事長

▲このページの先頭へ