トップ > まちの話題 > 2011年度 > 宿泊施設に電気自動車の充電設備を設置!(知床温泉旅館協同組合)

まちの話題

宿泊施設に電気自動車の充電設備を設置!(知床温泉旅館協同組合)

2011年06月30日

電気自動車に充電中 このほど、知床温泉旅館協同組合(佐々木富美男組合長)では、加盟している宿泊施設のうち9カ所に、電気自動車(EV車)用の200V普通充電設備を整備しました。

6月30日、「知床プリンスホテル」と「ホテル知床」の駐車場前に地元関係者などが集まり、7月1日からの供用開始に先だって、機器などの使用説明を兼ねたお披露目会が行われ、佐々木組合長から「世界自然遺産の地である知床は、自然環境への意識が高い地域として、今後の自然エネルギー普及に先駆け、この充電設備を設置することにした」との説明があり、あわせて、来年3月末までの期間、充電機器使用にかかった電気料を全額サービスすることが発表されました。

この200Vの普通充電では約8時間が必要ですが、宿泊施設での滞在時間を考えると、余裕を持って充電が完了するので、翌朝からすぐにドライブが楽しめます。(1回のフル充電で約150キロ~200キロの走行が可能。)

参加者は、この日試乗車として用意された「日産リーフ」を利用して、実際に充電作業を行った後、テストドライブを行い、電気自動車の乗り心地を体験していました。

実際に充電作業を体験

接続コネクターはフロントに。

この表示が目印です。

▲このページの先頭へ