トップ > 新着情報 > 2014年度 > ゆめホール事業「見知らぬ女の手紙」公演日迫る!

新着情報

ゆめホール事業「見知らぬ女の手紙」公演日迫る!

女優「中嶋朋子」が演じる 『情念に憑かれた激しい女の運命』の舞台を見逃してはいけない!

 東京渋谷パルコ劇場で2008 年にディレクターズチョイスシリーズ公演として企画された「見知らぬ女の手紙」。
 リーディング、つまり朗読という限られたイメージを、限定された時間と予算の中で作品の可能性をどこまで創作してゆけるかというテーマからスタートしました。

 演出に挑んだのは、かの有名な映画監督の「行定勲」でした。元々舞台作品に強い思いを寄せていた行定は、朗読という概念にとらわれることなく、原作の持つ素晴らしさを客席に届けるにはどのような手法が良いかに意識を持ち、視点をもっていきました。その成果は実り、高く評価され、再演を望む声が多く聞かれる演目となりました。こうして2013 年に再演が実現、そして今回は東京以外での初めての公演として再々演が実現するに至りました。一部の演出制作者からは、悔しさからか、朗読劇とは、こういうものは含まないのではないか、とさえ言われたほどの傑作です。 
 

 中嶋朋子によって演じられる「女」はその完成度が高く「怖いけど、また観たい」と言われ、演技力の高さに絶
賛を集めました。そんな声に応えての再々演、そして道内では初公演です。どうぞ皆さんゆめホールの舞台でこの
素晴らしい舞台をお楽しみください。

 

【キャスト変更のお知らせ】

「見知らぬ女の手紙」に出演予定でしたバレエダンサー西島千博さんが、バレエ公演で怪我をしたため、北海道ツアーは代役のバレエダンサー「高比良 洋」が出演します。

 

◆日 時 8月30日(土) 開場18:30 開演19:00
◆場 所 ゆめホール知床 文化ホール 【全席指定】
◆料 金 一般2,000円、高校生以下1,000円(当日各500円増)
◆取扱い所 ゆめホール知床
◆託 児 無料・要申込み(1歳以上)
◆問合せ・申込み ゆめホール知床 (0152-22-2222)

お知らせ

ゆめホール知床 公民館係0060

▲このページの先頭へ