トップ > 新着情報 > 2014年度 > 16日~18日にかけての気象情報について

新着情報

16日~18日にかけての気象情報について

今後の気象の見通しについてお知らせします。

急速に発達する低気圧の影響により、17日未明から18日にかけて大荒れの天気となる見込みです。本日の夕方から夜にかけて、大雪や暴風雪、波浪警報が発表される予定です。

<特記事項>

・本日の夕方から17日にかけて、「大雪警報」、「暴風雪警報」と「波浪警報」が発表される予定です。また、湿った重い雪となるため、電線着雪などで停電する可能性があります。朝食の準備などの時間帯での停電の可能性や、寒い時期であり暖房等の準備が必要です。

・17日は雪を伴った猛烈な風が吹き、海は猛烈にしけ、見通しのまったくきかない猛ふぶき、大雪や吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、不要な外出は控えてください。

この大荒れの天気は18日にかけて続く見込みです。

 

<17日の風と波の予想>

・風向き:北東

・最大風速 陸上:23m、海上35m

・最大瞬間風速 陸上:35m、海上50m

・風のピーク:17日の朝(午前6時から9時頃)

・波の高さ:10m

 

<雪の予想>

・17日午後0時までの降雪量(降り始めは16日夕方) 60cm

 

テレビやラジオなど、今後の気象情報にご注意ください。

お知らせ

企画総務課企画係0195

▲このページの先頭へ