トップ > 新着情報 > 2008年度 > 郵政グループ2社と災害時協定を締結しました。

新着情報

郵政グループ2社と災害時協定を締結しました。

10月31日(金曜日)、斜里町と郵便事業網走支店(金谷政博支店長)、郵便局株式会社斜里郵便局(蛯子強局長)との間でそれぞれ災害時の協力に関する協定を締結しました。
この協定は、災害時における郵便ネットワークを活用した被災状況の広報活動や、被災者情報の収集、避難所への臨時郵便ポストの設置、郵便に係る災害特別事務の取扱いなど町と郵政会社が相互に協力しながら円滑に遂行することを定めたもので、被災後の町民生活の安定と被災者の救援活動に大きく貢献するものと考えています。


調印式の様子

左から郵便事業会社金谷網走支店長、村田町長、蛯子斜里郵便局長

(主な協力内容)

「災害時における郵便事業株式会社網走支店と斜里町の協力に関する協定」
 ・郵便業務に係る災害特別事務取扱い、援護対策
 ・被災者の避難所開設状況及び避難所リスト等情報の相互提供
 ・郵便物配達中に発見した道路等の損傷状況の情報提供
 ・避難所における臨時郵便差出箱(郵便ポスト)の設置

「災害時における斜里町内郵便局と斜里町の協力に関する協定」
 ・郵便局ネットワークを活用した広報活動
 ・被災者の避難先及び避難者リスト等情報の相互提供
 ・郵便局所有車両を緊急車両等として使用
 ・郵便事業会社における災害特別事務取扱い、ゆうちょ銀行の非常払い、かんぽ生命保険の非常取扱いについて各社から要請があった場合の取扱い

お知らせ

企画総務課企画調査係0195

▲このページの先頭へ