トップ > 町の産業 > 産業間連携 > 知床しゃりブランド

産­業間連携

知床しゃりブランド

◆「知床しゃりブランド」の公式ホームページはこちらです。

◆知床しゃりブランド制度の目的について

 世界自然遺産の町、斜里町では、”真の知床産”の優れた商品をブランド化することで、他の商品との差別化を図ることを目指し、この制度を創設しました。
 世界自然遺産知床の豊かな自然と、オホーツクの海と大地がもたらす恵みから生み出される、斜里町の優れた商品をブランド品として認証し、広く全国に発信することにより、地域産業の振興と地域の活性化を図っていきます。 
 
・「知床しゃりブランド認証要綱」(PDF)

◆認証申請者について

斜里町内に住所(事業所にあっては製造場所)を有している生産者の方々です。

◆認証申請対象商品について

  • 農林水産物

    原則として町内で栽培、飼育又は採取されたものが対象となります。
  • 加工品・調理品等

    ・主原料となる農林水産物は、町内で生産されたもので、かつ、町内で製造されたものが対象となります。
    ・ただし、町内で製造加工できない場合は、事前に理由書を提出し、承認を受けることになります。
    ・調理品等については、料理された食品類で、そのまま、あるいは温めるだけで食べられる冷凍食品、レトルト食品などが対象となり、飲食店メニューについては除かれます。


◆認証システムイメージについて

・「知床しゃりブランド運営委員会設置要領 PDFファイル

・「知床しゃりブランド認証委員会設置要領 PDFファイル

◆応募期間について

応募は4月上旬から5月中旬までの期間で行い、認証は年1回(6月)を予定しています。

◆応募方法について

認証を受けようとする生産者および事業者は、所定の申請書に必要事項を記入し、関係書類を添えて、応募先まで提出してください。

  • 誓約書(申請時)(word)
  • 関係書類
     ・商品の外観画像と一括表示の写し
     ・加工品等は「主原料」の原産地証明書の写し
     ・関係法令に基づく成分(微生物等)検査証書や、食品衛生検査等を含めた品質管理の実施状況が確認できる書類の写し 
     ・主原料が自社生産のものは、栽培(飼育)基準、栽培(飼育)履歴などの写し

◆認証基準について

知床しゃりブランドの認証基準は、①物語性(商品コンセプト)、②独自性、③信頼性、④市場性、⑤将来性の5つの視点で定めています。

・「知床しゃりブランド認証基準」(PDF)

◆審査基準・方法について

認証基準に基づく書類審査のほか、生産および製造現場の実地調査、申請者からのヒアリング、認証委員および町民審査員による食味審査等を行います。

・「知床しゃりブランド認証審査基準・方法」(PDF)
・「知床しゃりブランド町民食味審査員申込書」(Word)

◆認証されると

◎「知床しゃりブランド認証マーク」を表示して、販売することができます。
◎公式ホームページへの掲載や公式Facebookなどで、積極的に情報発信を行います。
◎道内外での特産物の展示会でPRし、生産者と消費者を結ぶ機会を提供します。
◎町内のオフィシャルショップで「知床しゃりブランド品」の販売を促進します。

◆応募上の注意

  • 応募書類は返却いたしません。
  • 応募書類の内容については、当該審査以外に使用することはありませんが、特別なノウハウや営業上の秘密事項などについては、法的保護を行うなど、申請者の責任で対応してください。

◆応募・問合せ先

知床しゃりブランド運営委員会事務局(役場産業部 商工観光課) 
電 話:23-3131(内線164)
FAX:23-5556
E-Mail:sh.sangyo@town.shari.hokkaido.jp

▲このページの先頭へ