トップ > 町政情報 > 行政改革 > 第6次斜里町行政改革

行政改革

第6次斜里町行政改革

 行政改革の方向性を明らかにし、改革を着実、かつ計画的に取り組むため、斜里町第6次行政改革大綱及び推進計画を策定しました。(計画期間:平成31年から平成35年まで)
 本町では昭和60年度から行政改革に取り組んでおり、簡素で効率的な行財政運営を推進し、新たな行政環境に即した改革を実施してきましたが、第6次斜里町行政改革では、「幸せを実感できる住みよいまちづくり」を基本目標として、その実現化に向けて3つの基本方針と、17の推進項目、46の実施項目を掲げて取り組みを進めます。

基本方針と推進項目
方針1 行政サービスの見える化と協働の推進
1 行政サービスの見える化の推進
 (1) 積極的な情報提供の推進 行政情報を積極的に開示・提供し、町政の「見える化」による情報の共有に努めます。
 (2) 効果的な情報発信の推進 町民へ分かりやすい行政情報を効果的に発信します。
2 町民参加と協働の推進
 (1) 協働による地域活動の推進 町民主体のまちづくりを進めるための活動支援や育成に努めます。
 (2) 町政参画を促す施策の推進 町民が町政に参画できる機会の確保・拡大に努めます。
方針2 効果的・効率的な行政運営の推進
1 効果的・効率的な行政システムの構築
 (1) 事務事業の効率化 多様化する行政サービスを限られた資源(財源・職員)で提供するため事務事業の効率化に努めます。
 (2) 効果的・効率的な組織体制の確立 町民に分かりやすく、簡素で効率的な組織の確立に努めます。
2 職員の人材育成の推進
 (1) コンプライアンス等の徹底 職務専念義務や個人情報の適正な運用などコンプライアンスを徹底し、信頼性の高い町政運営に努めます。
 (2) 職員の資質の向上 多様な採用形態を検討し、職員の意識改革を図るための職員研修の充実や人事評価制度を積極的に進めます。
 (3) 働きやすい職場づくりの推進 ワークライフバランスの実現と職員の健康管理の徹底を図ります。
方針3 歳入及び歳出改革の推進
1 計画的な財政運営
 (1) 計画的な財政運営 総合計画や中期財政試算に連動した予算編成と決算管理を進めます。また、住民にわかりやすい公表に努め、健全財政の確保に努めます。
2 歳入の確保
 (1) 町税等の収納率維持向上 財政確保と町民への公平性の観点から町税・料等の収納率向上に努めます。
 (2) 自主財源の確保 行政サービスを支えるための自主財源の充実、確保に努めます。
3 歳出の適正化
 (1) 団体運営補助金の適正化 補助金の交付及び審査ルールを定めるとともに、団体運営補助金の適正化を図ります。
 (2) 広域行政の推進 広域的な事務事業の共同化や協力を推進します。
 (3) 公営企業の経営健全化 中期経営計画に基づく経営改善を進めます。
 (4) 公共施設の効率的かつ適切な管理 計画に基づく進行管理と計画的な公共施設の管理を進めます。
 (5) 環境に配慮したまちづくり 環境基本計画に基づく、環境に配慮したまちづくりを推進するため、組織全体でとりくみます。

▲このページの先頭へ