トップ > 町政情報 > まちづくり > 町民ワークショップ

まちづくり

町民ワークショップ

第1回町民ワークショップ(平成22年5月25日)

と き  平成22年5月25日(火)18:30~21:00
ところ  ゆめホール知床会議室1
参加者  町民/23名、町職員/12名、ファシリテーター/NPOファシリテーションきたのわ 宮本氏

冒頭、町事務局から条例策定までの流れ及び基本条例の概要についてスライドを使って説明しました。

今回のワークショップは、最初5テーブルに分かれ、あらかじめ設定した3つのテーマに対してテーブル毎の机上の模造紙に自由にメモを書きながら、約30分程度の話し合いを行い、質問ごとに参加者がテーブルを移動してメンバーを変えていくという手法(ワールド・カフェ方式)で行いました。

質問のテーマ
・「5年後、どんな斜里町になっていたいか」 
・「あなたにとってまちづくりとは」
・「まちづくりにはどんな役割や存在が必要か」

ラウンドごとのグループ替えでは、テーブル内に1人が残り、他のメンバーに前回どのような話し合いが行われたのかを紹介することでテーマに対する前後関係が深まりやすく、単時間で多くの意見が出されました。

全体共有の時間では「いろいろな世代、立場の人でこういった話ができて楽しかった」「次回以降もぜひ参加したい」「斜里町にとって誇りと思える条例をつくっていきたい」など、今後に向けて前向きな意見が数多くありました。

次回は6月2日(水)18:30~同会場にて行います。

プログラム!

事務局から全体スケジュールと条例概要の説明

ファシリテーターの宮本さん

熱心に話し合いをしている様子!

模造紙にはたくさんの意見やアイデアが書き込まれています。

多くの方にご参加いただき、大変盛り上がるワークショップとなりました。

▲このページの先頭へ