トップ > 生活情報 > 手続き > 国民健康保険

手続き

国民健康保険

国保の届け出

 国民健康保険の資格は、事実発生日からです。届出が遅れると、保険料が最長2年間遡って賦課されます。
保険証の交付は、窓口での手渡しか世帯主宛ての郵送になります。

次のような場合は14日以内に届け出してください。


国保に入るとき

こんなとき 届出に必要なもの
他の市町村から転入してきたとき 本人確認できるもの
(免許証・パスポート・住民基本台帳カード)
職場の健康保険などをやめたとき 職場の健康保険をやめた証明書
職場の健康保険などの
被扶養者でなくなったとき
被扶養者でなくなった証明書
子どもが生まれたとき 保険証
※出産育児一時金の申請は、
 「出産育児一時金」のページを参照してください
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書

国保をやめるとき

こんなとき 届出に必要なもの
他の市町村に転出するとき
保険証
職場の健康保険に加入したとき
国保と職場の健康保険の両方の保険証
職場の健康保険などの被扶養者になったとき
国保の被保険者が死亡したとき 保険証、印鑑
※葬祭費の申請については、
 「葬祭費」のページを参照してください
生活保護を受けるようになったとき 保険証、保護開始決定通知書

その他

こんなとき 届出に必要なもの
町内で住所が変わったとき 保険証
世帯主や氏名が変わったとき
世帯が分かれたり、一緒になったとき
修学のため、別に住所を定めるとき 保険証、在学証明書または学生証の写し
保険証が汚れて使えなくなったとき 本人確認できるもの(免許証・パスポート・住民基本台帳カードなど)
汚れて使えなくなった保険証
保険証をなくしたとき 本人確認できるもの(免許証・パスポート・住民基本台帳カードなど)

世帯主の取り扱いの変更について(擬制世帯主)

 国民健康保険の被保険者でない者が世帯主となっている世帯(擬制世帯)の世帯主(擬制世帯主)について、
その擬制世帯に属する国民健康保険の被保険者が一定の要件を満たしている場合に国民健康保険における
世帯主とすることができます。

▲このページの先頭へ