トップ > 生活情報 > 生活・環境 > 合併浄化槽 > 浄化槽設置整備事業

浄化槽

浄化槽設置整備事業

 浄化槽とは、水洗便所からの『汚水』と台所・お風呂からの『雑排水』を併せて一緒に分解消毒するための装置のことです。浄化槽の設置により、便所の水洗化が図られ、且つ生活雑排水が未処理のまま公共水域に放流されることがなくなります。これにより、生活環境の保全や公衆衛生の向上を図ることができます。
 斜里町では、下水道を計画している区域外の地域において、浄化槽を設置する個人の方に対して、補助制度を設けています。
 斜里町浄化槽設置整備事業補助金交付要綱(一部抜粋)PDFファイル(131KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 問い合わせ先:生活環境係

補助の対象となる方

  1. 町内の下水道を計画していない区域において、10人槽以下の合併浄化槽を設置する方。(人が居住しない事業所や販売目的の住宅については対象になりません。)
  2. 町税等に滞納のない方

補助対象地域

町内の下水道を計画している区域外の地域。

(例) 大栄・川上・美咲・以久科・三井・来運・中斜里・富士・越川・西町の一部・新光町の一部・豊倉の一部・朱円・峰浜・日の出・ウトロの一部・岩尾別など

浄化槽設置整備事業計画図 PDFファイル (958KB)

補助金の額(限度額)

  1. 【5人槽】
     標準工事費     880,000円
     受益者負担額    150,000円
     補助金限度額    730,000円(新築住宅の場合 580,000円)
  2. 【6~7人槽】
     標準工事費   1,103,000円
     受益者負担額    150,000円
     補助金限度額    953,000円(新築住宅の場合 803,000円)
  3. 【8~10人槽】
     標準工事費   1,470,000円
     受益者負担額    150,000円
     補助金限度額  1,320,000円(新築住宅の場合 1,170,000円)

 ※標準工事費は、浄化槽の設置に係る直接工事経費のみを対象にしています。このほかに、便器の改修や浄化槽への配管工事などの付帯工事が発生します。

指定工事業者

浄化槽設置整備事業補助金の交付を受ける場合は、指定業者によって設置工事を実施する必要があります。指定業者は次のとおりです(順不同)。

  • (株)長屋工業    23-2428
  • (有)小林配管工業所 23-2843
  • (有)三輝設備工業  23-1991
  • (株)開発工業       23-5242

その他

浄化槽設置工事にあたり、浄化槽設置の直接工事経費に対する補助制度の他に、付帯工事経費に対しての貸付・助成制度を併せて利用することができます。
また、浄化槽を設置した方は、浄化槽の維持管理の義務が生じます。
詳しくは次をご覧ください。

 浄化槽設置促進資金貸付事業

 浄化槽の維持管理について

 ※浄化槽設置整備事業の利用を希望される方は、事前に環境課にご相談ください。

▲このページの先頭へ