トップ > まちの話題 > 2008年度 > 知床ボランティア活動施設開所式!

まちの話題

知床ボランティア活動施設開所式!

2008年05月09日

施設オープンテープカット 5月9日、斜里町ウトロ(国設知床野営場内)に「知床ボランティア活動施設」がオープンし、設置者である林野庁北海道森林管理局の主催により同施設で開所式が行われました。

式には、環境省釧路自然環境事務所、網走支庁のほか、知床斜里町観光協会、知床財団、知床ガイド協会などの地元関係者およそ30名が出席し、北海道森林管理局長の挨拶のあと、来賓の斜里町長、羅臼町長、知床永久の森林づくり協議会会長が祝辞を述べました。

この「知床ボランティア活動施設」は、住民参加の森林づくり・情報発信などの拠点となる施設で、敷地内の国設知床野営キャンプ場の受付事務室も設けられています。

○主な施設の活用目的
・森林ボランティア団体や教育機関などの活動の拠点
・知床の森林に関する情報発信
・知床世界自然遺産利用マナーの普及・啓発
・知床森林センターが主催するイベントの実施
知床ボランティア活動施設正面外観 施設の正面は、丸太組みの外観となっており、木の風合いを意識した作りとなっています。

○構造
・木造平屋建て 建築面積375.05平方メートル(延べ床面積319.90平方メートル)
・レクチャースペース、会議室、休養室、倉庫、作業室など
施設平面図

▲このページの先頭へ