トップ > 新着情報 > 2016年度 > スイッチOTC薬(医療用から転用された医薬品)控除の創設

新着情報

スイッチOTC薬(医療用から転用された医薬品)控除の創設

 適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)が創設されました。

制度の内容

下記にある健康の維持増進、疾病の予防への取り組みを行っている方が対象となります。

  • インフルエンザの予防接種
  • 高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種
  • 町のがん検診
  • 勤務先の定期健康診断
  • 特定健康診査
  • 人間ドック
  • 骨粗しょう症検診など

※領収書または証明書が必要になります。

対象となる期間、金額

  • 1月1日から12月31日までの1年間
  • 本人および生計を一にする配偶者その他親族が購入したスイッチOTC医薬品が対象。
  • スイッチOTC医薬品の購入合計額が12,000円を超えた場合、その超えた部分が控除対象になります。
  • 超えた部分は、88,000円が上限になります。
  • この特例を受ける場合、通常の医療費控除は受けられません。

※すべての医薬品が対象となるわけではありません。詳しくは、厚生労働省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

※なお、所得税または住民税が課税されていない方は、対象になりません。

特例の期間

平成29年1月1日から平成33年12月31日まで

お知らせ

税務課課税係0185

▲このページの先頭へ